2013年04月30日

マイブーム【その1】

今年のGWは中途半端に中3日、平日ですね。Woomaxはカレンダーどおりの営業です。
お客様の中にはがっつり10連休の方もいらっしゃるので
うらやましい!

で、普段と変わらない生活の私ですが、
なぜか、無性にチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」が聴きたくて
いろんな名盤を聴きまくっております。

みなさまにオススメするならるんるんの1番は
ハイフェッツの「ブラームス&チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲」デス。


517ANJ78AGL._SL500_AA300_.jpg

とりあえず、巨匠ハイフェッツだからオススメ、というのもありますが、
なんといっても、やっぱ力強いのです。
ヴァイオリンを一番鳴らすのはニ長調の構造だからか?いや俺様だからだ!という感じで
イケイケな気分のときは王様・ハイフェッツVerがイイ!です。

しかし、チャイコのVn協奏曲といえば非常に叙情性の高い旋律が胸の奥を
こう、揺り動かすので、女性演奏家がたっぷりに気持ち入れて弾くVerも大好きなのです。

中でも天才・ムターの演奏はスキ。
若くして名声を得た美人にはねちっこい羨望もあった(ある)と思うのですが
積み重ねて磨いてきた実力に裏打ちされた【矜持】が垣間見える【力強さ】とともに
いつもカナリ年配の異性を好きになってしまうというところに垣間見える
小さな少女ムター自身を髣髴させる【メランコリックさ】も魅力的〜。
51aZ3Cec3YL._SL500_AA300_.jpg

昔から私はなぜクラシック音楽が、スキなのだろうか・・・と考えてみましたが
ノンバーバルな音楽の世界を楽しむことは
時代も国も言語も文化もを超えたコミュニケーションが
実現できるからなのだ!と思いました。

作曲家の思い、演奏家の思いは、興味を持って聴くと
世界観が広がる。背景を知ると理解が深まる。
だから、いつ聴いても新しい発見がある。。。

時代も、国も、文化も、言語も超えて理解が、感じることが
可能なのって、とってもワクワクします。

というわけで、よろしければ、
5月の連休中に、ぜひ皆さまもクラシック音楽に浸る時間を少し作ることをオススメします。
右脳を癒しながら、究極のコミュニケーション能力UPできっと左脳も鍛えらる。。。かも!

やっぱ、気軽に楽しめるのはラ・フォル・ジュネですかね。


マイブーム【その2】は哲学です。
これはまた今度〜。
posted by Yukiko at 18:00| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

「ごめんなさい」その前に

皆さんは「謝るときの心得」ってあるでしょうか。
gomen.jpg
・すばやく相手にまず、謝る
・言い訳をしない
・心から謝る

・・・いろいろ有ると思います。

謝まるという行為は
事前に用意して出来る対応ではなく、
不測の事態といいますか、コトが起きてからの
対処、対応になりますのでうまく謝れない
謝罪は苦手・・・という方も多いと思います。

苦手を克服するためには?

といっても謝罪は、不測の対応だから経験値を積み重ねるしかないのでしょうか?
いやいや、その前に、自分で出来ることがある!と思っています。


それは、
何もない平時に「謝る」という行為の前に
「大切なことは何なのか?」を自分の心に明確にしておくこと。

私は「謝る前に一番大切なこととは相手を真に慮ること」だと思っています。


それには、相手(怒っている人、悲しんでいる人)は、自分がした行動によって傷ついている、ということをまず知る。そして理解することが大事です。

どうしたら知ること、理解することが出来るのでしょうか?

まずは、自分にフォーカスせずに相手にフォーカスをします。

ついつい、有事には
「起こしてしまったことはしかたない」
「相手がどう感じているかは想像もつかないから自分が出来る最大限の事をしよう」
「すぐに(まずは)謝らないと!」

という行動に走ってしまうもの。

しかし、怒っている人、悲しんでいる人にとっては
@「何によって傷ついたか」を理解し、
Aその後、きちんとそこに「配慮をしてくれるであろう」という証
・・・がないと、真の意味で赦せないものではないでしょうか。

相手が上記2点を明確に出来ていなかったら
相手に「もやもや」させ続けることになります。それでは真の謝罪になりません。

さて、上記2点を明確に伝えるにはどうしたらよいのか?

まず、「所詮、相手の気持ちはわからない」とあきらめずに推測してみる。
相手がどんな気持ちなのか、相手のことを理解しようと
考えたり感じたりしてみる。

紙に書き出したり、文字にすると明確になりやすいです。

明確になったら、「察してチャン」はNG。謝罪時にきちんと言葉で伝えましょう。

自分はちゃんと理解したのか、相手に理解してもらったのかは
「確認する」ということが不可欠・・・です。

これらは不測の事態のときには中々出来ないプロセス。
だからこそ、普段から、自分がこう行動したら、相手がどんな気持ちになるだろうか
相手のことを理解しようと考えること。
考えたら、感じたらそれを相手に「伝えること」「確認すること」が大事なのだと
深く深く思います。

実践あるのみぴかぴか(新しい)ですね。

さて、では、「謝られた側の心得」というのもあるかと思います。
それは、また今度〜〜〜かわいい
posted by Yukiko at 12:07| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

十二代目市川團十郎丈について

昨夜、私の心のよりどころのひとつであった十二代目が亡くなってしまいました。

本当に、團十郎さんの舞台を観るたびに
自分の中の邪気は払ってもらえ、またチカラをいただきました。

どの舞台も一期一会で私にとっては宝物ですが
何が一番思い出深いかというと、
11年前の1月初春公演@大阪松竹座
新之助(現;海老蔵)との連獅子親子共演です。

私は仕事で神戸に出張してたのですが
ふと、
「今月、成田屋は松竹座なんだよなあ」と思い立ち
後援会に電話でお願いしてお切符を取っていただき
仕事を終えた後、大阪に行ったわけです。

連獅子は、

「それ牡丹は百花の王にして 獅子は百獣の王とかや 
桃李にまさる牡丹花の今を盛りに咲き満ちて 
虎豹に劣らぬ連獅子の
戯れ遊ぶ石の橋〜」

・・・とうたわれるとおりの石橋物(しゃっきょうもの)
能からうまれた歌舞伎の舞踊演目のひとつです。
renjisi.jpg
白い手獅子を持った狂言師右近と
赤い手獅子を持った左近。 
親獅子が子獅子を谷に蹴落としても
子獅子は必死で駆け上がるという様が
歌舞伎の世界の「本当の親子でもあり非常に厳しい師弟でもある」という二人が
演じることによって醍醐味が変わります。

親獅子の團十郎さんの芸道と人生の経験とご本人の気力が満ちあふれているときに
子獅子の新之助も本気で芸道に励む覚悟をもっての一歩、二歩が踏み出せたときだったので、本当に本当にすばらしかったです。

無理をしてでも行ってよかった。
舞台はやっぱり一期一会だから
観たいと思ったら世界中どこに行ってでも
観るべきだと心に改めて確信させていただいた舞台でした。

というわけで、私の中の成田屋親子共演ベストは「勧進帳」ではなく「連獅子」

3月に生まれる予定のお孫さん(男の子)と一緒に3代連獅子が
成田屋贔屓としての一番の願いでしたが、現実には観ることかないませんでした。

でも、心にイメージすることはできます。
結構リアルにイメージできます。

團十郎丈の言霊で心あらわれ、力を頂いた舞台を
想い出しながらご冥福を祈ります。









posted by Yukiko at 09:24| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

二十歳の元気

20才の元気.jpg

成人の日と新年度初日に例年寄稿されるサントリー酒類株式会社による 
伊集院静氏の若者向けメッセージ、2013年の新成人には
「二十歳の元気」でした。
(去年のメッセージはこちら

伊集院氏のメッセージとしては、ソフトな切り口なのが逆に新鮮で
読み手の捉え方次第でが深さが変わるメッセージだなあと考える。

「孤独を学べ。」

から

「元気な君たちを待っていたんだ。」

へ。

失敗してもかまわない。笑われてもかまうことはない。
苦しいことも辛いことも吹き飛ばす元気で
私たちの先頭を走って欲しい。
そうすればきっと何かが変わるはずだ。

今年、日本の新成人約122万人
個人的なコトながらわが息子もこの中の一人。
私も含め、この世代の親はどのように育ててきただろうか?

失敗しないように、子どもが傷つかないように、笑われないように
自分の背中で庇護するばかりで育ててきたところはないだろうか?

「先頭を走らせる勇気」を親(職場では上司)が持つことも大切だなと
今年も考えさせられるメッセージでした。

集英社から2000年からの伊集院氏のメッセージをまとめた
新書「贈る言葉」が出てるのでまとめ読みも出来ますヨ。

さて、今から息子は成人式に行ってきます。
板橋区は私の時代から変わらず
区一斉ではなく、17箇所に分かれて成人式を行うところが
珍しい・・・。
立食パーティもあるようなのですが、私たちのころも、あったかなあ?
まったく覚えていない。

式典が終わってその当時自宅にレーザーディスクカラオケがあった
友人の家でみんなで「振袖だから」演歌でしょう!と演歌を歌いまくった
記憶しかない。。。。。。。あせあせ(飛び散る汗)

posted by Yukiko at 09:31| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

自分にうそはつけない

IMG_3576 (1).jpg

さきほど、市ヶ谷駅からオフィスに戻る途中で
けたたましいサイレンが鳴るので何事かと思ったら
原付バイクを白バイが追っかけていました。

なにやら警告を発していますが
原付バイクは停まる気配なしに日テレ通りを駆け抜ける。
無理無理なUターンをしてカーチェイスならぬバイクチェイス。

一時停止無視とかスピード違反か・・・わからないですが
何かしら交通違反をしたのでしょうか・・・。

私なら絶対観念しちゃうだろうなと思っていた所
何度目かのUターン、そのバイクの子は笑いながら逃げていました。

その刹那、細い一方通行の通学路に入っていったので
もしかしたら、そのまま逃げきることができたかもしれませんが、
万一、彼は、逃げられたとしたらラッキーと思うのかなあ。

そんなことを思いながら事務所に着きました。

でもな〜。どんな人も自分にうそはつけない。

「してやった!」と一瞬思ったとしても
悪いことをしたことは自分の中で刻まれる。
積み重なる「黒歴史」「ワルイコトチョキン」

自分の中に何を積み重ねたいかで行動を決める!
10年後何を積み重ねて生きてきたと胸張って言いたい??

自分以外の誰かにど〜〜んなにうまく嘘をつけても
自分には絶対嘘はつけない。

大体、出ちゃいますよね。
肌の調子が悪いとかたらーっ(汗)
内臓の調子が悪いとかあせあせ(飛び散る汗)
体の節々が痛いとかどんっ(衝撃)
何かしら、身体が悲鳴あげているはず。

あの原付バイクくんの場合も、素直に「ゴメンナサイ」か
何か不当な圧力ならば向き合って抗弁してスッキリ!のほうがお勧め。
若者よ。長い目で見ればきっとその方が自分にHAPPYチョキンなのだぞ!



posted by Yukiko at 19:05| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

44になっての初体験

週末、ほんのり「ぎっくり腰」のようなものを体験しました。

近しい人が、周りの人が、私よりずっと若い人も含めて
「ぎっくり腰」を体験していても
正直、「大変そうだなあ〜」と気の毒に思いつつも「対岸の火事」だったわけですが
その日は突然来るのですね。。。。ふ(遠い目)

A4AEA4C3A4AFA4EAB9F8A3B2.jpg

ええ。
マンガのように、食器棚の低い位置にお皿をしまうその瞬間
私が「クシャミ」をしたその瞬間に、がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

え!これが俗に言う「ぎっくり腰」ってやつですか?の状態に。

しかし、私は動けなくなるまでの状態ではありません。
普通に歩けます。歩き方も普通のまま。
見た目はわかりません。

しかし、かがむのは痛い。前屈は赤信号。
低い位置でする家事全般日本舞踊のごとく
姿勢を正して、腰から落とさないと「いった〜〜〜〜い!!!」

さっそく山本式なる腰のベルトを購入し
巻いて湿布貼ってすごした結果
今日はだいぶマシになりました。

山本式の腰ベルトはスーツのスカートの下に着用。
去年ダイエットしてて良かった。
デブのままだったらベルトが「まわし」でお相撲さんと
間違われちゃうトコでしたよ。うんうん。

この体験は、また私の慮りの大切さを教えてくれた教訓。
これからまた【もっと】人にやさしくなれると思いまするんるん

みなさんに「ぷっ」て笑って欲しくて書いてまス黒ハート
かわいそう・・・と思って欲しいかまってチャンではありませんので
ぜひ笑ってください。ふ。

posted by Yukiko at 13:01| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

病的に自分が好きな人

byouteki.jpg

人は誰しも「自分は特別」で、「自己愛なしでは生きられない」生き物なのでありますが
私は正直、「自分のことしか好きじゃないオトナ」が非常〜〜〜に苦手です(^^)

苦手と言ってもこの本で書かれているとおり、
「自分至上主義な方々」は今後破竹の勢いで勢力拡大していくと思われ
ダイバーシティな世の中、そんな特性の方々と
どのようなコミュニケーションをとることができるのか・・・、は
私のここ数年来の命題でもあるわけです。

この本から、なるほどなヒントが沢山もらえました。

自己愛を真に社会化された充足を目指す努力の原動力にするには
「失敗を恐れずに行動すること」

これだけだと、「なーんだ。当たり前じゃない!」で終わると思いますが
失敗を恐れないようになる「工夫」も紹介されているのです。

それは失敗に対する反応のクセを意識して直すこと

失敗を恐れ、失敗から学ぶことが出来ない人は、失敗に対して感情的に反応する傾向がある

「そんなの私のせいじゃないもん!」
「また、オレ、失敗しちゃった。もう人生おしまいだ!」

何が「私のせいでない」のか、
本当に「人生おしまい」なのか・・・

根拠の無い主観的な思い込みに浸って逆ギレのごとく感情的になっているに過ぎない自分を
自覚してもらうこと・・・それが第一歩。

失敗から学ぶ姿勢を持つ人とは、失敗に対し感情的に反応するのではなく
失敗の原因をしっかり把握したうえで反応(認知反応)する。

(自分の)どこがいけなかったのか?
(相手に)どう対処したらよいのか

失敗から学ぶ体質になるには感情的に反応するクセを直し、認知反応のクセを取り入れるコト。


研修でも、OJTでも、マネージメントでもこの工夫を伝え、意識させられるようにすることがポイントなんですね〜。
posted by Yukiko at 13:29| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

うれしかったこと3つ

るんるんWoomax誕生からあっという間の一ヶ月でした。

168_03_b.jpg


そんな9月10日にうれしかったこと3つ!

1) 来週からWoomaxのサポートが強化ぴかぴか(新しい)
前職の営業支援コンサルの頃のスーパーサポーター「まこちゃん」が
Woomaxの手伝いをしてくれることになりました!
彼女にスケジュール入れてもらったときの地方出張に無駄な時間は1秒もない。
はじめて行く土地での在来線の乗り継ぎも迷うことない快適事前準備。
目の前の人の最高&最幸パフォーマンスを出すことに尽力できるスーパーサポーターと
これからまたお仕事できるの楽しみです揺れるハート

2)友人の娘に内定通知 ぴかぴか(新しい)
熊友の大学4年生のお嬢さんについて、
この時世、シュウカツ難、苦戦中との相談を受けており
1−2−3の法則にのっとり『必勝アドバイス』をさせていただいたところ、
「本日内定出た〜♪」との報告メールが来ました〜。
彼女の必勝ポイントは私からのアドバイスを上っ面の「台詞」ではなく「言霊」のごとく
何回も何回も言い切ることによってちゃんと「自分の言葉」にしたこと。行動したこと。
すばらしい!この素直さがこれからの強みだ。
さて、今日はまだスタートラインに立てる切符を手に入れただけ。
これからが本番。社会の役に立つ人財の一人となってほしいっ揺れるハート

3)海老蔵行きつけの焼肉屋情報ゲット〜ぴかぴか(新しい)
え?3つ目は何やねん!?って感じですか?うふふ〜。
果てさて、メインバンクの担当さんが本日上司の方とご来社くださったのですが
なんとなんとその方は、成田屋にかな〜り縁深い人で、図らずも成田屋トークが炸裂!
きゃ〜!これも引き寄せの法則だわ〜〜〜を実感。

よっしゃ!次は哲也くんと縁深い人と繋がる!と心に決めた1日でした。


というわけで、、、本日も感謝の一日を過ごさせていただきました。
ありがとうございます。

明日は早いのでおやすみなさいませ〜!
posted by Yukiko at 23:11| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

積み重ねることの尊さとチームで志事をすることのありがたさ

こんにちは。竹之内幸子です。

昨日はオーチャードホールでK-BALLETの「海賊」初日を鑑賞いたしました。

熊川氏のバレエとの出会いは、Kバレエ団設立以前から数えると恐ろしい数字に・・・。
しかし、バレエ団設立当時からでも、もう、すでに13年

設立当初は初日と云ったら「ゲネプロ気分か!むかっ(怒り)
群舞のみなさんにも「お稽古の発表会か!パンチ」などなど
厳しいコメントも書かせていただくこともしばしばありましたが
そんなことは、今は昔・・・。

舞台は一期一会なので、本当に本当に感動する舞台に出会えるのは
数年に一度なんですが、昨日は、久方ぶりにそんな舞台でした。

背景、小道具、衣装、ライティングといった舞台美術の美しさと
専属オケの音の美しさと、
群舞も含めたみなさんの踊りのハーモニーが素晴らしかった。
あの観客席も含めた生きている舞台全体が至高の芸術です。

何よりのミラクルは39歳になった熊川哲也氏の踊りが
技術的にも芸術的にも更に高みにいっているというコト。
激しい踊りで何回もこの「アリ役」で大怪我した熊川氏。
なぜ、この年令になっても高みに行けているのだろうかと考えた時
やはり、彼はK-BALLETというチームを作ったからだなと思いました。

バリシニコフもヌレエフも現役の時は「スター」でしかなかった。
ダンサーとしての晩年はやはり「超絶技巧からは卒業」というイメージが残ってます。

が、しかし、熊川氏は自らのバレエ団を経営し運営もする。
自分だけが「スター」で「芸術のことだけ」磨いていればいいわけでもない。
後進のダンサー(男性も)を育てることにも本気で臨んでいます。

そして、自分のカンパニーだからといって
よくあるように権力で、既得権益としてトップに居座ることも可能でしょうが
それでは、1ツアー何万人も毎回足を運んでもらえるような「あの舞台」は
創れないし自らあのように踊れない。芸術の世界も数字が結果になる。

常に実力ともにぴかぴか(新しい)ポーラスターぴかぴか(新しい)でありつづけられるのは
下から「絶対、彼に、追いつこう、抜かそう」と
目指して努力研鑽するダンサーたちのためにも己を磨いてきたから。

自然にあの身体、あの踊りが今もできる、進化し続けているのだと感じ入りました。
単なる「スター」だけの役割だったら彼は10年前に引退していたかもしれません。
自分のため、「自利」だけでは、「がんばる」ことに限りがある。
「利他」の境地に至ってこそだと思うのです。

徐々に後進のスターたちに譲る準備を着々としながら
自らは誰にも文句を言わせないほどの実力で舞台を創る、務める。

経営者の在り方としても深く学んだ公演でした。

次の公演は夏のトリプル・ビル
ラフマニノフの音楽にあわせた「ラプソディ」は哲也くんで観てほしい。
相手役は誰か海外の大物が来るのかも〜楽しみ〜。
4900527010970.jpg

昔、この衣装をトナーのマークのようだといった人がいました。
バレエは右脳で感じて欲しい。
posted by Yukiko at 13:17| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

同窓会での会話の変遷

土曜は中学3年の同窓会でした。

気遣いのできる幹事の皆さんのお陰で、年に数回邂逅を深められる機会わーい(嬉しい顔)
若いうちは恋愛の話だったり仕事の話も多かったように思いますが
44〜45歳という年齢になると多いのが思春期以上の子どもの話や介護の話題。

ある意味子育て一段落派の私は今回、主に「介護」の話題に・・・。

今回たまたま、同じ症状を抱える親(義親)を持つ二人がいて
着替え、食事(一人で食べる)、排泄、入浴などの日常生活は自分でできるし
他人(深く関わらない人)とのコミュニケーションもいたって普通なのに
特定の人物(一番お世話になってる人)にはコミュニケーション不全という介護生活の話を聞きました。

「嫁は財産狙いで私を早死させようとしている」
「娘はご飯もろくに食べさせてくれない」
「娘に監禁されているので逃げてきた」
といったことに似たような【言刃】の数々を向けられる日々。

これといった特効薬も手立てもないので
かなりしんどい毎日のはずです。


・・・が、私の友人たちは自分のことを決して
「悲劇のヒロイン的」に語りません。涙も見せません。

「2日前は夜中にこんなことがあったわ〜」
「うちの場合は◎◎だったよ。▼することが良かったみたい」
事実というか、「コト」にフォーカスして語ります。
・・・かといって、無理して(気持ち)本音を語らないというような感じでもありません。

「うわー、それはえらいね。しんどいよね」と言うと、
「そうなのよ〜。しんどいのよ・・・・」と乗っかることなく、

「そう言ってもらえるのは嬉しいよ。ありがとね〜。
ただ本気で全然えらくもないと思うわ〜。ついつい本人に言い返しちゃうことだってあるし、
今日みたいに飲みにも時々行っちゃうしねぇ(^^)」と応える。

オトナは「言っても詮無いことは語らない」のだなと思いました。

「うれしいこと」「たのしいこと」もそうですが
「つらいこと」「悲しいこと」も
共に感じて欲しいと思うのが”女性性”と言われます。

現に、多くの女性が、つらすぎたり悲しすぎたりすると
思いの丈を吐露します。
信頼出来る特定の人だけならいいのですが
誰が見るかわからない公の場(ブログやSNS、ツイッターなど)にも
まるで無防備に・・・。

多様性の社会で不特定多数の人に対しなぜそんなリスキーなことをするのかといえば
「私は、私の気持ちをわかってほしいの!」という欲求が何よりも勝るからなんでしょうか。

自分の気持を共に感じて欲しいというのはこんな私にもある感情なのでわかります。
わかるのではありますが、30歳過ぎたら「気持ちわかってONLY星人」は卒業したい。

「ひどいよね〜」「そう思うでしょ〜!」的な同調コミュニケーションよりも
受け手側の視点を忘れない「しなやかなオトナの女性のチカラ」を持つ方がステキ。

なぜならば、受け手側、客観的な視点に立つと
いわゆる主観的な「愚痴、不平、不満」は自然となくなります。

まあ、「不安」はあるかな〜。それは共有してみてもイイですね。
別の視点が入ると解消することも多いから。

今回友人たちは、特に共に【自分と同じ気持ち】を感じることは求めておらず
【一緒の時間と空間】を共有することでリフレッシュできたようです。

つまり、何が言いたかったかというと「他責」ではなく
まるっと現状を受け止める器を持った「私の友達はしなやかでカッコイイぴかぴか(新しい)
そんな友人を誇りに思う・・・ということと、
オトナっていいよね〜!!!!という、オトナ礼賛でございました。グッド(上向き矢印)
posted by Yukiko at 18:11| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする