2014年10月08日

それって本当?

10/8現在、PRESIDENT Onlineのアクセスランキング第一位の記事は↓
日本男子は、なぜベビーカー女子を助けないのか

タイトルを見て、「え!それって本当?」と思った。
20年前息子が乳幼児のころ、何事にも車移動派の私も
時には「ベビーカーin電車」の用事もあります。
そんな時、現代より、エスカレーターもエレベーターも少なかったので
階下で「ふんっ」とばかり、ベビーカーを持ち上げようとしていると、
大抵、イケメンな男子や紳士が(記憶は美化されています、たぶん)
「手伝いますよ」と、スッとベビーカーを運んでくださったような記憶がある。

「それは、20年前だから〜、現代は人々の心に余裕がないのよ」ということなのか?

はてさて、ベビーカーではないですが、現在84歳の母の話です。
ずっと要介護の父が亡くなってから、気が緩んだのか、昨年は、自宅や庭や外で何回も転倒し、脳に血が溜まったり、ろっ骨や背骨に罅が入ったりしておりました。

しかし、おかげさまで、寝たきりになることはおろか、入院すらせず、自宅生活で回復し(こう書くと不死身だな〜)自分のリハビリのために日中電車に乗って一人でデパートに買い物に行ったりしております。

その際、必ず、キャリーステッキ(シルバーカーでもない、単なるショッピングカートでもないコレ↓)を機能的には杖として、お守り代わりに使っています。
41figcVrCQL.jpg

地下鉄の多くはホームから改札までのエレベーターはあっても、改札から地上出口までのエレベーターは少ない。在っても、全く反対方向の出口では使えない。

仕方がないので、母も、一段一段キャリーステッキを持ち上げながら登るそうなのですが
ほぼ、通りがかる人が「お手伝いしましょうか?」と声をかけてくれるそう。
もちろん、外国人や、女性に限らず、(というか外国の方には声をかけられた経験は無い模様)
大学生風な男子も、仕事移動中と思われる中年の紳士も・・・。

何が言いたいかというと、ベビーカーママ(パパ)や、キャリーステッキ老人を
「うざい」「邪魔」と、実際に邪険にする人もいるのかもしれませんが、
「手伝いましょうか?」と手を差し伸べてくださる方もいるということで、
ほっこり話もあわせてお伝えし、一人一人、

「自分だったら、どう行動する?」

を確認する機会は大事なんじゃないかな〜と思った次第です。

Plus、いつも、母を助けてくださる方々、ありがとうございます

posted by Yukiko at 16:50| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

LEGOムービー



ゴールデンウィークはしっかりお休みさせていただき、海外に脱出しておりました。
往復の飛行機での楽しみは何といっても映画!
映画館、レンタルいずれもお金を払ってまでは観ないものを観る!
という基準で、何本も観たのですが、予想外に良かったのがLEGOムービーでした

〜あらすじ〜
ブロック・シティに住む人々は、毎朝決まった時間に起き、決まった時間に仕事に行くという、きわめてマニュアル通りな暮らしに何の疑問も抱かず、毎日を能天気に過ごしている。ある日、主人公は建設現場で見つけた巨大な穴にうっかり落ちてしまい、不思議な世界に迷い込む。そこの住人はマニュアルに縛られず、自由な発想でレゴをつくる人たち。そんな人たちに「選ばれし者」と勘違いされ、邪悪なおしごと大王による世界征服を阻止するリーダーとして敵とたたかうヒーロー&周りの人の成長物語。

なんですが、

クリエイティブに自由な発想を持って行動する人と
マニュアル通りに行動する人

組織で目標を達成していくにはどちらにも必要だということ
ダイバーシティは、そんな個々人が一丸となって価値を想像するために進めていくこと

そんなメッセージをこの映画から受け取りました。

というわけで、ダイバーシティ推進や新人研修の事前課題で
この映画見てもらうのもアリだなあ〜などと思いながら観てしまいました。

敵(おしごと大王)に打ち勝つには、どうしたらいい?を考えたときに
あえてマニュアル通りに動くことを選択しみんなに提案する主人公

「君たちはチームで行動するのは苦手だろ?
  僕はクリエイティブじゃないけど、マニュアル通りにすればどんなすごいものでもできる」

守・破・離の「守」の大事さを説いているようにも感じます。
ヒロインも、みんなに呼びかけます。

「私はマニュアル通りに、平凡にただ日々を生きている人が嫌いだった。
でも違った。そういう人も、みんなそれぞれのアイディアを持っているの。
もう少しで世界は変えられる。みんな、変なアイディアをいっぱい出して!
型にはまらず、みんなで戦うの!」


最強のリーダーシップを持つたった一人が、ではなく、
みんなが「選ばれし者」なんだなと改めて感じることができる作品でした。

日本では、「アナと雪の女王」と同時期の公開で、あまり入らなかったみたいですね。
logo_lego_the_movie.png
DVD発売されたら息子に買ってもらおうっと。

posted by Yukiko at 18:47| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

料理男子にもいろいろあるらしいです。

ウチの息子、21歳
特別支援学級や療育機関で、わりと料理を習ってましたが
就職してからはあまり実践することなかったので
そろそろ、掃除、洗濯は十分なので、次は料理でも
多少戦力になってほしいと思い、

「週に1食は作って欲しいなあ〜」とつぶやいてみたところ
意外に
「そうだよね、将来、独りになったら必要だよね」と快諾

今週作ってくれた献立は生姜焼きでした
生姜焼き.jpg

やはり、小さいときに覚えさせておけば、久方ぶりでも上手にできるものだなと感心。

働くお母さん、お父さん
子どもが小学生になったら、
勉強や将来の夢の応援だけでなく
家庭運営に必要な役割を与えることも大切ですヨ

ウチは保育園のころからマッサージや布団敷き、洗濯物の取り込みは
マストでした。
発達障害があっても振り返れば、彼自身が「人に役に立てる」と
自信をつけてもらえた習慣になってたのかな〜。と思います。

来週の献立も決めているそうで、
まだ教えてくれませんが、楽しみです

<おまけ>
料理男子をググっておりましたら、こんな記事が。
「料理夫に要注意!?料理をしない夫ほど実は家庭想い!」

「家庭で料理をする」ランキングがAB→B→A→O型というランキングになったのに対し、
「家庭での家族との食事を大切にしている」と回答したのは真逆のO→A→B→AB型という順位に。

料理をしても、家族との食事の空間・時間を大切にしてくれないのは悲しいですね。
料理男子=家庭的!とは思い込みかも・・・という記事でした。


posted by Yukiko at 18:22| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

父の1回目の召天日です。

父が亡くなり、今日で1年経ちました。早いような、短いような・・・。

私が講師の研修当日の早朝だったのですが、
当たり前に仕事に向かう自分。
研修にご参加の方々が得たいことを得ていただくためのプログラムですから
「こんな日はしんどいだろうか?」と逡巡しながらの通勤でしたが
門をくぐればまったく父の死に対する「悲しみ」は存外になり、

「ああ、お志事ってこういうものなんだな〜」
ってしみじみ思ったり、

翌日以降の出張は代わって貰えたので
「一人じゃないってありがたいわ〜」
としみじみ感じたなあ〜とか想い出しております。

祖父も2月5日に亡くなっており(当時94歳)
2月は私の誕生月でもありますが、
なんだかしんみりしてしまう月でもあります。

父は82歳で亡くなったわけで
祖父と比べると早い?とも思うのですが
WHOが発表している日本人男性の平均寿命(2013年)は
79歳なので、「まあ、長生きしてくれたよね〜!」とも思います。

私は両親が38歳の時の子どもなので、
同級生のご両親よりは早くお別れが来るのでは・・・
と小学生のころはそれなりに覚悟していた(笑)ものです。

が・・・あっという間に”いい大人”になってしまった現在
今年84になる母は昨日「健康診断の結果、よかったわ〜」と
るんるんしておりました。母は昔から怪我はあれど大病なく健康です。

専門職として企業で責任ある仕事をバリバリ働き、
舅、姑付きの家事も完璧だった(お弁当で夕飯の残り物は使われたことがない)
母は病気や更年期になる暇がなかった(と表現するにふさわしい)し
それが無意識的に今も続いているんだろうな〜と思います。
何はともあれ、元気でいてくれてありがたいです。

ここで、豆知識
我が家はキリスト教(プロテスタント)なので、
命日とか、一周忌とかの法要はありません。
一般的な命日は「召天日」といいます。
※「昇天」という字はイエス・キリストのみに使われます。

残された人には寂しいけれど、キリスト教的には
「死ぬこと」は神様のお側に行けることなので
当人にとっては喜ばしいこと…として捉えます。


イエスさまが、天国でその人のための家を建て終わったら、召される
・・・という概念。
その昔、幼少のころ、この牧師様の説教を聴いたとき

「へぇ、さすが大工の息子だな〜。世界的に人口増加だから
毎日毎日突貫工事なんだな〜。」

とかファンタジーに思いを馳せました。

IS4-yosehu-b.jpg
大工仕事をするイエス・キリスト


posted by Yukiko at 17:00| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

やればできる、じゃ、やれよ

ソチオリンピックが始まりましたね〜。
個人的に応援しているのは、特にジャンプの葛西選手なのですが
やはり、フィギュアスケートは目が離せないですね。

男子フィギュアは羽生結弦選手が旬でしょうが
このオリンピックを最後に引退を公言している高橋大輔選手に
自分の持てる最大のチカラを発揮してほしいです。

で、年末テレビ東京で放映されたこの対談を今のタイミングで話題にしてみる。
tetuyakuntakahashikun.jpg

高橋大輔選手にエールを送る哲也くんとの対談です。


F1レーサーのように舞台中に身体をメンテナンスするというエピソードも非常に学び深いと思うのですが
勝敗を左右するポイントのメインはメンタルだと自覚している高橋選手に
哲也くんは「やればできる、じゃ、やれよ!」をメッセージとして贈っていました
さて、皆様ならば、いかに受け取りますか?

私は、「名言だわ〜〜〜」と思うタイプです。
そして、私も自分がプロである領域で、常に
このように言える人(=自分もやる人間)でありたいと思うのです。

ネット検索してると、高橋選手のファンの方々も
非常に好意的に見ていただいてるのでちょっと安堵

おまけの対談後の高橋選手、良い表情してます。


この対談で得たヒントを持ってメンタルをキュッキュッと磨いた
高橋選手の演技、期待AND応援しますっ。
フィギュア男子SPはバレンタインですね。楽しみ〜



posted by Yukiko at 12:11| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

自分の頭で考える

先月、Woomaxでは「ハンナ・アーレント」を東京スタッフ全員で観ることができました。
いろいろな視点で語り合うことができる深い深い映画だったのですが
私は二度観て、やはり、恐ろしきは「悪の凡庸さ」である・・・に尽きるなと思いました。

2年前、このブログ
700年前に書かれたアーサー王伝説「カヴェインの結婚」で
「すべての女性が最も望むものは何か?」について書かせていただきました。

自分の意思を持たない(考えない)と、
六の宮の姫君」になってしまうということも。

しかし、「思考しない」「自分の意思を持たない」本人が
六の宮の姫になるのは「個人の自由」で済みますが
「悪の凡庸さ」の恐怖はその人個人ではなく、多くの他者を犠牲にするかもしれないという点です。

アーレントの映画を観た同時期に、
発言小町で高校二年生の女子による、

「語学学校で、教師に質問された時に答えがわからず
隣の友人に答えを聞いていたら、『私はあなたに質問をしている』
『自分の頭で考えなさい』と言われて、とても傷ついた。
学校にクレームを入れるよう親に頼もうと思う」

というお悩みが上がっていて、
本当に世も末だなと思っていたのですが、

おそらく市井の主婦を代表とする、多くの人から
多様な視点からのアドバイスをもらい
親からは叱られ、自分を省みることができ、

「今日の授業でもわからなかったので、わからないと言えた。
先生はどこがわからないのか聴いてくれ、その単語がでてきた
単元をクラスのみんなと復習してくれ、たどたどしくも答えることができた。
『わからない』と言えた自分は、親にクレーム入れてもらおうとした自分よりも
好きだと思う。これって自分で考えられていますか?」

と相談に乗ってくれた多くの人への感謝と共に自分で考えるを実践して
何を得たのか?そのプロセスを報告していたのです。

短期間の中での自己変容は本人に素直な心があったからでしょうが
なかなか意義深いスレッドであり、プロセスでした。


先日、仲間内で、「何も考えずに生きる人の方が幸せではないか?」という
問いがあがったのですが、
「アイヒマンのように他者に被害が出る可能性があるのに幸せと言っていいのか?」
ということは看過できないし


p-01.jpg

何より、私の周りでは
自分の意思を持って自分で決断して自分の人生を生きている人
が幸せそうです(^^)




posted by Yukiko at 16:01| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

バカだなぁ。ヨシヨシ( ,,´・ω・)ノ"(´っω・`。)

西川史子さんの離婚は、ロマンティック・ラブ・イデオロギーから
脱洗脳されていない「すべてを頑張る」女性にとってはまったく他人事ではない。

「夫婦とはこうあるべき」
「結婚とはこうあるべき」だという思いが強すぎて
その枠から外れた行為をされることに怒ってしまったことが
良くなかったのだと思う。

そして、

そんなことで怒ってしまう私を、「バカだなぁ。」と、叱ってほしかった。

と涙ぐむ。

TVを見ながら、私は「それは、まるでユーミンの世界だよ」とも思ってしまいつつも、
仕事はバリバリで、稼ぎ力もあり、周囲にもきちんと気を配ることができる女性が、
自分の中の矛盾に気づきつつも涙ぐんでしまう姿にはエールを送りたくなった。

バカだなぁ。ヨシヨシ( ,,´・ω・)ノ"(´っω・`。)

多くの女性はコレに弱いのではないだろうか。
そして、普段、仕事やハードな人間関係に苦労している
大人の女性はヨシヨシ行為(*-ω-)ヾ(・ω・*)プラス気持ち
そこに入っていることを切望してしまうのではないだろうか。

ロマンティック・ラブ・・・
そこに求める真実はないという事実に何度直面しても、
それでも、尚、真実を探す旅。うーん、切ない・・・。

その気持ちを、わかりすぎるぐらいにわかってしまう私でよければ
西川先生にいくらでもヨシヨシしてあげたい。

しかし、哀しいかな、きっと彼女は、私同様「ノンケのドストレート」であろうから、
女性にヨシヨシされても、「切望したものとは違う!」と感じてしまうであろう
・・・ということもわかってしまう。

じゃあ、どうすればいいの?って話ですが
私は湯山玲子女史のスタンスを学びます。

・人は現在の自分の器以上のものは受け取れない。
 →だから自分の真実はどんなに言葉や行動で尽くしても、
  相手に受け止められないこともある、てか、受け止められないことの方が多い。

・自分が相手にしてほしいことをまず率先垂範したとしても、自分に還ってくるとは限らない。
 →鏡の法則は、適用されない場合も多い。

大人には自明の理である「非対称の法則」を受け容れられるかどうか、が
年齢関係なしの「大人と子どもの境界線」かもしれません。


さて、私のブログは男性の方にもお読みいただいております。
その中で大切なパートナーがいる皆様にお願いです。
多くの女性はロマンティック・ラブに、人生の真実を見出したくて生きている
・・・といっても過言ではありません。

よろしければ、下記画像の向井理になった気分で、
今日は、奥様や彼女に「いつもありがとう」と
(*-ω-)ヾ(・ω・*)ヨシヨシしてあげてくださいませ。

nadenade.jpg

地雷が10個は減りますよこれぞ、ラブ&ピース


posted by Yukiko at 12:01| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

もしかして、だけど

いつも研修で、伝えていることの一つに
「イメージしたことしか実現しない」
というメッセージがあります。

脳は
「言葉通りに反応」するし
「イメージ通りに行動」する特性を持つからです。

そして、これは
「イメージ出来ないことは実現しない」とも言えます。
だから、脳の特性を活用して、
どうせ実現するなら
「なりたい、ありたい自分をイメージしようるんるん
いうワークをします。

しかし、自分の「ありたい」「なりたい」なんてそんなこと考えたことがない!
という方もいらっしゃいますので、そんなときは「もしも〜だったら」ワークをします。

「もしも、神様から今、一つ、もらえるとしたら、どんな能力がほしい?」
「もしも、自分が住むならどんな家を建てる?」
「もしも、会社から自由に予算がもらえたら、どんなプロジェクトを立ち上げる?」


などなど
「もしも」の話なので、イメージしやすくなります。

「もしも」といえば、もしも発想のスペシャリスト、
関根勤さんが語る「もしも」の世界がほぼ日サイトで読めます。↓↓↓
mosimo.jpg

これを読み、なるほど、と、自分でも
「もしもの世界」を広げてみてくださいグッド(上向き矢印)

さて、そして、さらに、思い込みの枠を外すには、
「もしも」の想像を超えた存在に触れるのも一興です。

もしもスペシャリストの関根さんが
土曜の「サワコの朝」で絶賛していた
          どぶろっく
doburock.jpg
      「もしかして、だけど」↓↓↓



これは、ポリアンナもびっくりなポジティブシンカーの二人組ですが、
脳内でイメージして、自分でエナジーチャージしてる分には
非常にセルフマネジメントが長けていると言えるのではないでしょうか。

たしかに、
居酒屋で「頼んだ注文がコネェむかっ(怒り)」とプリプリしている人より
ぴかぴか(新しい)女子店員同士で誰が俺のとこに持っていくかモメてんだな┐(´ー`)┌ぴかぴか(新しい)
と脳内変換して、穏やかにいる人の方が素敵です。

実際脳内変換イメージを店員さんに口に出して伝えないことがポイントですが(笑)

男性諸氏はきっと、どぶろっく にうなづく方が多いでしょう。
女性のみなさんには、「これもある種のダイバーシティ」とおおらかな心で
「ホンマ、アホやな〜( ;⊙´◞౪◟`⊙)」と受け止めたり
「それは無い!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ」と突っ込んでみることを
楽しんでいただきたいですかわいい

posted by Yukiko at 15:00| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

おかげさまで1周年♪

本日は8月10日。Woomaxの1歳の誕生日ですぴかぴか(新しい)

mig.jpg

おかげさまで、先週はデスクで仕事をする時間がほとんどもてない1週間でした。
ありがたいことです。
本当に皆様のおかげです。
心より感謝申し上げまs。

女性活躍推進、組織の中で女性のチカラを最大化することに
これからもスタッフ一同、精進いたしまするんるん

今後ともよろしくお願い申し上げます。

posted by Yukiko at 13:52| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

本日は期末日でした。

昨年、Woomaxを立ち上げて、本日が期末日でした〜。

ちょっとめまぐるしい夏ですが、
おかげさまで先週は、仲間&家族と香港にも行けました。

来年1月には、なんと、Woomax初の海外案件が決まって
なんだかグローバル〜(笑)

hongkong2.jpg

明日から8月、新しい期がスタートです。おかげさまで8/9のイベントは満員御礼です。


半年後の2月に書籍も出すことに決まりましたし、
おかげさまで楽しい夏を過ごせそうです。
お盆休みないけど、私は海老蔵さんの自主公演を励みに楽張ります。

みなさま、よい夏を過ごしましょう♪


posted by Yukiko at 20:37| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする