2018年06月21日

満員御礼を続けたい!

こんにちは。竹之内幸子です。
タイトルは朝ドラの週間タイトルのマネです「○○したい!」シリーズ。

おかげさまで、7月7日に開催する公開セミナーは満員御礼となりました。
manninn.png

その前の7月5日に日経ヒューマンキャピタル2018に出させていただくのですが
その枠も気づいたら、皆様にお知らせする前に事前受付が終了していました。
manninn.jpg

ありがとうございます・・・!

さて、一部の人には公表していましたが
「子どもに発達(知的)障がいがあっても就労と生活の自立を目指す親のための活動」をするために、講演の機会をいただきました。

竹之内さんセミナー.jpg

発達障がいに特化した就労移行支援を手掛けるd-career西日暮里さんで下記2日程で行います。

第1回 7月28日(土)13:00〜15:00
第2回 8月 9日(木)16:00〜18:00


場所
 〒116-0013
 東京都荒川区西日暮里6丁目47-8サンライズ21ビル3階
 ディーキャリア西日暮里オフィス
  JR西日暮里駅より徒歩5分
  千代田線西日暮里駅3番出口徒歩4分京成新三河島駅より徒歩5分

参加費用 無料♪

実際働く上で大事な考え方、スキルは、一朝一夕に身につくものではありません。
子どものうちから具体的にどんな積み重ねが大切なのか?
就業させている親の視点、実際に今も組織の人財活躍支援をしている立場からの視点
多角的視点からの障がい者の就労についてお話しさせていただきます。


こちらのセミナーも「満員御礼!」と書かせていただきたい!(*^_^*)
ぜひ、お子さんに発達(知的)障がいがあり、将来どのような道があるのか
悩んでいる親御さんに来ていただきたいです。
また、そういう親御さんを知っている方はぜひ拡散してください。
たくさんのかたに聴いていただきたいです。

お問い合わせはこちら↓
メール nishi-nippori@dd-career.com
電話 03-6807-7792 (担当:関さん)

多くの当事者の方々にお会いできれば幸いです。
posted by Yukiko at 12:03| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

横浜のCHOCOLABOさん見学に行ってきました!

今日は、横浜にあるチョコレート工房「CHOCOLABO(ショコラボ)」さんの見学に行ってきました!
CHOCOLABO1.jpg

こちらは、就労移行支援事業と就労継続支援(B型)事業の多機能型で、併せて30名超の障がい者の人たちがチョコレートの製造、梱包、発送、販売までを全てハンドメイドで行なっています。

見た目の美しさや本格的なチョコの美味しさを追究した製品は「障がい者がつくるチョコレート」が売りではなく、「美味しい、美しい(カワイイ)チョコレート」として評判で、「おとなの週末」ホワイトデーのお取り寄せ審査で2位にランクインしたという実績もあります。

まずは、Welcomeメッセージでお出迎え頂いたことに感激welcomeboad.jpg

チョコレート製作工房は就労移行支援事業の施設。
一人一人が一つ一つ丁寧に自分の担当工程を真剣に、しかし楽しそうに担う姿が印象的です。
「私がやったらパンダにならないで茶色い唯のクマになっちゃうだろうな((+_+))」とか思いながら見学させていただきました。

そして、就労継続支援(B型)事業施設で働くメンバーの担当は梱包など。
パンダチョコを透明ケースに形よく配置するのは思ったより難しいんですよ。

さまざまな特性を持つ方々のさまざまな特性に合わせて仕事がやりやすいように、職員の皆様が工夫して開発した数々のジグ「冶具」(製品の加工や梱包の際、製品の位置を指示・誘導するために用いるツールの総称)があり、日々精進、日々進化が6年経つとカタチになっているんだなとしみじみ思いました。

そして、伊藤社長にはサイン本いただいてしまいました。
itousyatyou.jpg

↓↓このブログを読まれたみなさまは、ポチッと買ってください。↓↓



今日、伊藤社長とランチもご一緒させていただき、「書籍に載せられなかったけれど、『人には遺伝子レベル的にもともと“利他”」の存在である』ということが自分の中にストンと落ちたときにすっと楽になった」とおっしゃっていたことが、私自身いろいろ深く考えさせられました。


そうして、私は、帰りにパンダちゃんをオフィスにいるメンバーのために購入
maxchocolabo.jpg
とりあえず、マックスが独り占めしているように見えますが、ちゃんとみんなに配りましたよ。

7/7のWoomaxのイベントでもみなさんに配れたらいいなと思っているところです。

テーマ「人生100年・働く50年時代のキャリア 」
第1部 講演: 株式会社サンリオエンターテイメント取締役 小巻亜矢氏
第2部 ワールドカフェ:ファシリテーター Woomax 佐野愛子
日時:2018年7月7日(土)13時30分〜16時30分

banner_20180707.jpg

みなさま、ぜひお足運びください!
posted by Yukiko at 16:24| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

職場実習をしていただいています 2日目

こんにちは。金曜に引き続き、Charamaxの竹之内幸子です。

今日も雨の中、Kさんにご出勤頂き、Charamax通信の送付作業を担当していただいております

Kさんの障がいは「中度の知的障がい」です。
とはいえ、今回の仕事を担っていただくにあたって、「障害」はありません。

こちらの指示はしっかり理解してくださいますし
集中して取り組んでくださるので
まこと、工程がスムーズに進みます。


先月は、私が
「あ、ラベルちょっと曲がっちゃった」とか
「げ!透明封筒の表と裏でラベル貼り間違えた!」とか
人知れずミスを連発しながら這う這うの体でやっていたタスクを
Kさんはノーミスで美しくスイスイとこなしてくれる。
・・・なんと有難いことでしょう。
K.jpg
そして、一つ一つの工程の中で
「わ、すごくきれいに出来てるね」とOKメッセージを出すと
とても嬉しそうな表情でメッセージを肯定してくれるので
マネジメント側としても、非常にやる気エナジーが補給されます。

日本人は「謙譲が美徳」の精神からなのか、
褒められても「いやいや、そんな大したことないです」と
その褒めを否定しがちになる傾向が多いのではないかと感じていますが、
Kさんやうちの息子のようなタイプは、割と素直に「言葉を受けとめてくれる」ので
上司側も図らずとも「褒めるエナジー」が補給され、組織に褒めの風土が展開出来るきっかけづくりになるよな〜と実感しています。

これは、今Woomaxが関わらせていただいている全社的なダイバーシティマネジメントプロジェクトの活動報告の中で実際に障がい者採用・定着支援をやっている組織からよく出る意見でもあります。

Kさんが書いてくださった金曜の職場実習日誌も「楽しかった」と書いてくださっていて
本人にとってもHAPPY、つまり今回の実習がKさんの「就職に対する自信や意欲」を深める機会のひとつになったとしたら弊社としても嬉しい限りです。

もっといっぱい障がい者の方々の可能性を弊社の職場実習で追究していくぞ〜〜〜(*^_^*)


posted by Yukiko at 15:17| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

職場実習をしていただいています

こんにちは。本日は、Charamaxの竹之内幸子です。
4月から、企業のダイバーシティ推進ご担当者様にお送りしているCharamax通信ですが
第3号から「障がい者の職場実習」を受け入れさせていただき発行していきます。

障がい者の職場実習とは
障がい者が、短期間、実習生として企業で「働くこと」を体験する制度です。
実習生は、職場実習を通じて、働くことの意味を考え、働く姿勢を学びます。

Charamaxとしても積極的に職場実習できる機会を創出し、
弊社での実習をきっかけとして、就職に対する自信や意欲を深めていただきたいと思っています。

今月は都内のある就労移行支援施設からKさんがやってきています。
charamaxjissyu.jpg

まずは、PCでCharamax通信を発送するための「宛名」入力作業を担当してもらっています。

A4・1枚に3社分の宛名があるものを印刷し、裁断し、封入可能なスタイルに整えていただきます。

Charamax通信第3号の印刷と
送り状の印刷と
7/7のWoomax公開セミナーのご案内を3つ折りにし
封入し、切手を貼り、ポストに投函するまでが依頼するお仕事内容です。

とはいえ、実は、私の構想の中には、障がい者の方に職場実習にきていただき、
やっていただきたい業務は沢山あります。

繰り返しになりますが、弊社のような零細企業でも
障がい者の方々に「就職に対する自信や意欲」を深めていただける機会の創出は可能なので、まずは、自社で出来ることをどんどんやって行こうと思います!

Charamax通信のバックナンバーは、CharamaxのFacebookページ
ついでに、CharamaxのFacebookページに「いいね!」して応援くださいませ



posted by Yukiko at 10:47| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

キャリア研究会×ABC協会コラボ企画「働き方改革と女性活躍フォーラム」第一回は・・・

Woomaxの青蝟「央(あおやぎみお)が担当します。

青.jpg


このセミナー全6回シリーズのうち、最初の1回と2回を担当させていただきます。
「青蛯ウんってどんな人?」については、こちら↓

青蛛@キャリア.png

某IT企業に彼女がいた時代、私が復職者研修を担当させていただいており
研修の講師と受講者という形で会ってから、もう、7年くらい?
彼女の双子の息子くんも、小学3年生になり、光陰矢の如しをヒシヒシと感じます。

さて、このセミナーでWoomaxはどのような人たちにいらして頂きたいかというと

・ダイバーシティ推進は実のところしっかりと全社的に取り組めていない。
・今更、どのように取り組んでいけばいいのか聴きづらい。
・いままで人事畑ではなかったのが、4月の異動でダイバーシティ推進担当になってしまった。しかし、正直よくわかっていない。

という方々

・ダイバーシティ推進の担当になったはいいけど兼任ということもあり進めたいように進められていない
・働き方改革の波が来て、ダイバーシティ推進に着手して数年たつが、今後おざなりになりそうで悩んでいる
・各社がどんな方向性をもって進めているのか聴きたい

などなど課題がある企業人事ご担当者様にお勧めの会です!
ぜひご参加ください!

↓こちらも来てね♪
------------ ☆7/7開催 Woomax・公開セミナー【無料】☆-----------
テーマ「人生100年・働く50年時代のキャリア 」
第1部 講演: 株式会社サンリオエンターテイメント取締役 小巻亜矢氏
第2部 ワールドカフェ:ファシリテーター Woomax 佐野愛子
日時:2018年7月7日(土)13時30分〜16時30分
☆☆詳細・お申込みはこちら☆☆
logo.png
posted by Yukiko at 15:38| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜観てきました(*^_^*)

すごい、久しぶりの更新です。

先日、サンリオピューロランドのメルヘンシアターが宝塚Verから
歌舞伎Verになったということで観てきました!



このように、定式幕もバッチリ。
kabuki2.jpg


ハローキティ一座のこけら落とし公演「桃太郎」に本物の鬼が混ざっていた!
鬼の存在に、一座の中は大混乱・・・・。
得体のしれない鬼に戸惑うメンバー、マイノリティである鬼の苦悩、
そこで発揮される女性リーダーキティちゃんのリーダーシップとは?

ダイバーシティ&インクルージョンの根本に立ち返れる
ストーリーです。ダイバーシティ推進の仕事に携わる人は
真面目な気持ちで観に行くことをお勧めします。

歌舞伎好きの人には、筋書きにある下記豆知識で書かれてあることが
このピューロランドでどのように表現されているのかもチェックすべしです。
kabuki1.jpg

女性の特性を生かしたリーダーシップってあるのか?
個の特性ではないのか?

議論が尽きないテーマですが、ピューロランドでは、
キティちゃんが発揮するリーダーシップに女性の特性が活かされているのではないのか?
と思われる箇所が随所にきらめきます。

具体的には、2015年にピューロランド25周年を記念して
リニューアルしたパレード「ミラクル・ギフト・パレード

ストーリーは、25周年をお祝いすべく、いちご王国から
キティーちゃんの仲間たちが「3つのハート」を持ってやってきます。

25周年のお祝いパーティでみんなが歌って踊っていたところ
「光」が嫌いな「闇の女王」が現れ、知恵の木から光を消し
みんなを恐怖と不安に陥れます。

そこで、ダニエルを筆頭に仲間たちが「女王様を倒せ!」と立ち上がります。
⇒「ある、ある、ダニエルってばヒーロー!」がよくあるパターンですが
ミラクル・ギフト・パレードは違うんですよ。


キティーちゃんがそこで「待った」をかけます。

※ここから先はネタバレになりますので読みたくない人は読まないでいただきたいのですが

「闇の女王にも3つのハートがあるはずだから。それを信じたい」
・・・と主張するキティちゃん。


「みんなで、光を集めよう!!」
と仲間と観客をも巻き込み、知恵の木の光を復活させ、
それを受け「私にも(かわいい、おもいやり、なかよく)3つのハートがある」と
気づき、闇の女王が、光の女王に変身する
という・・・。

まさに、ダイバーシティマネジメントには欠かせない
「相手の価値観を変える変革型リーダーシップ」
リアルに表現されていて素晴らしい。

「友情と助け合いによる世界平和の実現」という
辻会長のサンリオ創業目的にブレないストーリー。

組織マネジメントに於いても、子育てに於いても、
両面で、タメになるヒントが満載のパレードなのです。

こうしたブレないメッセージを含めマネジメントしているのが
サンリオピューロランド館長の小巻亜矢さんです。

小巻さん自身のキャリアやマネジメントの軸などはダイバーシティの観点から
多くの皆様に聴いていただきたいと、今年もWoomaxの公開セミナーを企画しました。

ぜひぜひ、いらしてくださいませ。

logo.png
posted by Yukiko at 16:01| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

内閣府・女性役員情報サイト

国際女性デーである昨日3月8日に内閣府・男女共同参画局「女性役員情報サイト」で
上場企業における女性役員の状況データが更新されました。

2012年から2017年の5年間で、上場企業の女性役員数は約2.4倍以上に増えて
徐々に変わりつつあるとも言えますが、割合でみると、2017年で3.7%というのをどう見るか

・・・というわけで、今回更新されたのはこちら。
上場企業のうち女性役員が1名以上の企業を一覧化した「上場企業における女性役員の状況2018」
yakuin_2018.jpg
私が取締役として末席に名を連ねるアイネットの名前も載っています。

まあ、いきなりたくさん人数や比率が上がればいいってもんじゃないことは確かで
そもそもの母数がいない現在を見てどうのこうの言うよりも、中長期視点で育成を
真剣に考えることが大切だなと感じます。

冒頭にも触れた通り昨日は国際女性デーということで
「女性」をキーワードにする記事が沢山UPされていました。
印象に残ったのはハフポスト紙のDELLの常務執行役員・山田千代子さんのお話

時代背景、育った環境により培われた観念によって結婚後退職したものの
「働くことに向いている人もいる」ということで復職し、
出産・育児を経て24年、様々な岐路を進み、今に至るという中で
ポイントはやはり「上司」だなと。

「やっていないから仕方ない」と思っていたマネジメント評価指標に対し
「なぜ?」の答えが「女性だから」と自分が思っていたという真実。
アンコンシャス・バイアスに気づかさせてくれる上司の存在と、
気づきを得た後、素直に向き合える力のある人が成長し続けられるんだなと
しみじみ思いました。

だからこそ、ダイバーシティの推進は大事なのです。
全く違う視点を持つ人と関わりあいを持たないと中々バイアスの存在に気づけない。
属性のダイバーシティ(女性活躍)は不要と言い切れる
成熟した人格の集まりに組織にすべく、日々受けとめ、目的目標に合わせて対話をし
何が最適なのかを共に考え成長していく組織を作っていきたいと思います。

posted by Yukiko at 10:03| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

日経ビジネス課長塾の無料公開講座があります♪

もう何年目になりますでしょうか。
いつもお世話になっている日経ビジネス課長塾の女性版課長塾で珍しく無料の公開講座が開催されます。

日時:2018年3月6日(火)15:30-18:00(15:15開場)
場所:御茶ノ水トライエッジカンファレンス
定員:50名
費用:無料(あら、素敵
申込・詳細はこちらから
http://business.nikkeibp.co.jp/nbs/nbsemi/0930/woman/2018/
women_top.png
企業研修で受講してくださった皆さんも、日々ブラッシュアップしている内容なので
久しぶりに聴きに来てください。無料だし。

・・・なんて無責任に言うと日経BP様に怒られそうなので、
私が思う課長塾のメリットも記します。

今は、人生100年。
会社や家庭以外の居場所も多数あることが
年齢を重ねるごとに彩り豊かな人生を歩むことにつながります。

女性マネジャーのための課長塾」という場所は
会社と、家庭、それ以外に分けるとしたら
もちろんそれ以外のカテゴリ。
この中の一つに加えてみる価値があると思います。

組織でマネジメントする、リーダーシップを発揮する上で
様々な課題や悩みが日々あると思いますが、
社外で同じように課題を抱えながらも、前に進む同志がいる。
その存在に非常に励まされます。
ステークホルダー関係ない同志の存在は貴重です。

また、「女性マネジャーのための課長塾」のラインナップは
私以外のプロフェッショナル講師陣が多様で魅力的です。
全6回を受講するだけでなく、その後の振り返りが
システムを使ってみんなでやり取りをするので
関係が回を追うごとに密になっていきます。

私はいつも第5回を担当するので、相当あったまった皆さんと
関わることが出来るので、より一層「絆」の効果をを実感できるのだと思います。

新たな自分の居場所づくりにおススメです。

とりあえず、試しに体験講座、ご参加ください(^^♪
申込には日経IDが必要で、しかもなんかアンケートとかもあって
ちょっとメンドウクサイかもしれませんが、そこはご容赦くださいませ('◇')ゞ

posted by Yukiko at 11:43| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

Woomax5周年記念ダイバーシティ推進セミナーご報告(3)分科会D 他

続いて、その(3)です。その(1)その(2)についてはこちら

さてさて、次は分科会Dです。
0222.jpg

こちらは他の分科会と違って
住友金属鉱山株式会社の吉田さんに講師というよりパネラーとなっていただき
2部構成で前半はご自身のキャリアについて、後半は自社での取り組みについて
お話していただいたあと、参加者のみなさまにもグループディスカッションで気づきを深める形式にさせていただきました。

0234.jpg

吉田さんの仕事キャリアは、実は保育士からスタート。プライベートのキャリアでも様々なライフイベントを乗り越え、今、住友金属鉱山・人事部で「女性活躍推進グループ」のリーダーを務める吉田さんは基調講演で野村さんがお話しされた100年人生を生き抜くために必要なパラレル(複線的)キャリアの実践者です。

0237.jpg

吉田さんのパラレル(複線的)キャリアと実践はまさにスタンフォード大学ジョン・D・クランボルツ教授の提唱した「プランドハプンスタンスセオリー」実践のお話。

詳しくはのちにレポートをWoomaxのHPにUPした際にチェックしてください!

0036.jpg

5周年記念セミナーをなぜやろうとなったかというと、
企業生存率で調べると、起業5年の会社生存率は約20%と言われる中、
休眠ではなく、組織として活動しながら増収増益体制で5周年を迎えることが出来たのは
本当に、ひとえにご支持下さった皆様のおかげです。

感謝の気持ちを表すなら、毎年行っていた自社で旅行に行くとかではなく
また、私たちの場合は、パーティ形式にして皆様に我々と飲食を共にしていただく
・・・というのも少し違う気がしたので、やはり、普段の言行一致を体現しよう
何か、少しでも、組織で働く皆様の課題解決のヒントになるセミナーの開催を決め
昨年の11月くらいから少しずつ進めて形にすることが出来ました。

今回は本当に講師の皆様方に素晴らしい内容のセミナー、発表をしていただくことが出来、裏方のパートナー、スタッフたちにも本当に心を尽くしてもらい心より有難いと感謝しております。

正直開催にはパワーが要るので、自社セミナー開催は5年に一回で良いなと考えておりましたが、アンケートを読み、皆さんが非常にこの場を楽しんでくださったことに感動し、来年は少し小規模になりますが、継続的に運営していこうと思った次第です。

今回暑い中、ご多用の折からセミナー会場までご参加いただいた皆様、
社内外問わず、開催運営に関わってくださった皆様に心からお礼申し上げます。
引き続きWoomaxをこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

0056.jpg
posted by Yukiko at 15:13| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Woomax5周年記念ダイバーシティ推進セミナーご報告(2)分科会B・分科会C

続いて、その(2)です。その(1)はこちら

分科会Bは大塚製薬株式会社の西山和枝さんによる「女性のキャリアデザインとホルモンケアの重要性について」

0166.jpg

専門家による『女性がどのように自分のホルモンが関係する心身の変化と向き合うか、また周囲はどのような理解が必要か』ということを具体的に知り考えるという中々濃い時間となりました。

0170-2.jpg

西山さんとは2016年末大塚製薬様の講演に私が呼ばれたことがきっかけだと二人とも信じていましたが、実は同じ中学校出身だったということが、皆様への御土産ハーバリウム制作者のChikaさんより判明

0173.jpg

「二人ともなんでわからないの?お互い変わってないのに」と言われ、確かに変わってないところが多々かもしれないのですが、私も西山さんも、どちらかというと【中学時代含む過去の細部は思い出さない系の人種】なのです。しかし、今回のセミナーの写真撮影を引き受けてくれたのも同じ中学出身のフォトグラファー宮崎英光さんです。

ご縁は有難いもので、中学の同級生たちにも支えられて、このセミナーは開催できたのだなあと今しみじみ感謝しております。ありがとうございます。



話が脱線しましたが、続いて分科会C
0194.jpg
株式会社ディスコの小林嘉男さんによる「働きがいのある会社TOP10 幸せ職場のつくり方」です。

0200.jpg

2017年「働きがいのある会社ランキング」で第4位だった株式会社ディスコ。加えて、丁度8日付の日本経済新聞朝刊が「2017年4〜6月期の連結営業利益は、前年同期に比べ88%増の130億円程度になったもようだ」と報じていたばかり。こうした実績の上でも素晴らしい会社で働きがいナンバーワンに輝く部署が、小林さん率いる経理部。過去の社内調査では、全部署の中で最下位だったこともあるそうですが、そんな自部署をナンバーワンに変えた秘訣、幸せ職場のつくり方をお教えいただきました。

0196.jpg

こちらの分科会の詳しいレポートも近日中にWoomaxHPにUPする予定です。
もう少々お待ちください。

その(3)につづく
posted by Yukiko at 15:09| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする