2017年05月09日

Woomax5周年イベント開催します!その2

さて、連休も終わり、すっかり通常モードになったころではないでしょうか?

連休中のニュースでも女性活躍推進法が施行された2016年4月以降、
国内の主要企業の8割が女性管理職(課長相当職以上)比率を引き上げた
というニュースが読売新聞一面に上がっておりました。

20170505-OYT1I50001-N.jpg
(画像;読売新聞)

ただ、見出しは「2020年までに管理職比率を30%程度に」とする政府目標との差は大きい。となってしまうのも現実。
⇒なぜ、30%を目指すのかは、米ハーバード大学のロザベス・モス・カンター氏の「少数派が全体の3割を超えると、もはや少数派ではなくなり意思決定に影響を及ぼす」という、黄金の3割理論が1つの根拠とされています。

事実、上司研修でのディスカッションを聴いていても、

・どのように女性部下を育てたらよいかわからない
・女性自身が昇進を避ける傾向にある
・会社の具体的な方針が見えない
・全体での取り組みをどうすべきか

などなどが多く声に上がっており、

「組織が【女性管理職3割】を目指す必要性は理解できても、実際に自社で女性管理職を増やすのは困難なことだなあ・・・」と感じている方が多いように感じます。

対して女性研修野ディスカッション時においては

・結局、活躍=管理職なの?
・仕事と家庭の両立は女性に負担がかかりすぎる
・ロールモデルがいない(具体的にイメージできない)

などなど、女性ならではの本音が聞こえてきます。

さて、そのような、悩める皆さんに、7月8日(土)の弊社5周年セミナーは
ヒント満載の半日となっています!

管理職を目指すかどうか迷っている女性の皆様、
女性部下の育成で迷っている上司の皆様

anniversary_ページ_1.jpg

野村浩子さんによる「女性に伝えたい 未来が変わる働き方」をテーマにした基調講演にご参加いただき、新しい方向性を見つけてみませんか?

第2部の分科会では、4つの会場に分かれて、参加型で、より深く考えていただきます。
anniversary_ページ_3.jpg
A:現役役員・管理職が語る「女性活躍マネジメント」
B:男性上司にも知っていて欲しいこと「女性のキャリアデザインとホルモンケアの重要性について」
C:働きがいのある会社TOP10「幸せ職場のつくり方」
D:みんなで考えよう「未来を変える働き方」

「すべての分科会に出席したい」
「どの内容も魅力的で1つに決められない」という嬉しいお声を頂戴しております。

ご自身の、自社の問題解決につながる分科会にぜひご出席ください。
7月8日、お目にかかれますことを楽しみにいたしております!

お申し込みはこちらから(^^♪
logo0708.png
posted by Yukiko at 17:49| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする