2015年10月28日

ロールモデルは本当に要るのか?

連日、ダイバーシティや女性活躍の研修を担当させていただき
うれしい限りの今日この頃。

本日は、女性活躍推進の課題としてよく出るのが「ロールモデルの不在」
「ロールモデルがいないこと」と「自分のキャリアデザイン」って
因果関係が成立するのかな?ということを考えてみたいと思います。

まず、

@知らないことはイメージできない。
Aイメージできないことは行動できない。
B行動できないことは実現しない。

知らないことは知りたい。
だから、ロールモデルが必要・・・という論理においては
たしかに因果関係は成り立つかもしれません。
xf3175067841w (1).jpg

というわけで、40代〜50代以上の諸先輩の、いろんな壁に頭をゴツゴツぶつけながら
切り拓いてきたキャリアスタイルを聴く機会を設けると

「あそこまで求められるのはつらい」
「もともと彼女たちはそれが得意(好き)なんだろうけど、私には無理」

という意見が出てくる

つまり、
「(私の)ロールモデルには、ならない・・・。
ということです。

しかし、その判断はどこから生まれてくるのでしょうか?
「知らないことはイメージすらできない」ので「判断のしようがない」はずのわけです。
これは、知らないという状態ではなく、自分の中に何かしらのイメージがあるから
「それと違う」と判断しているわけですね。

ただ、そもそも、組織は、回転寿司の寿司ように、
あらゆるタイプのロールモデルをベルトコンベアに量産して、
好きなロールモデルをチョイスしてもらうシステムではありません。

自組織を見渡して「ロールモデルがいない!」とのたまうのは、
キャリアデザインを描く本人が、まるで回転寿司に入ったお客気分で
「好きなネタが流れてこない!」と言っているように見えます。

そもそも組織と働く人間の関係が、回転寿司屋さんとお客様の関係とはちがうのだから
いないことを言い訳にせず、もっと違う視点で自分のキャリアを考えてもいいとおもいます。

「ロールモデル」不在は、多様化した今「白馬の王子さま」が居ないということと同じ。

それよりも、自分自身の強み(得意なこと)、やりたいこと、求められていることをしっかり
自己内対話で明確にすることで自分の中のロールパーツを磨いていくことのほうが
自分らしいキャリアを構築できると思います。

自己内対話では前回ブログに書かせていただいた
自分の動機づけ、モチベーションスイッチが
目的型なのか、回避型なのか・・・に於いても違うので
回避型の人は、いきなり自分の強みを考えるというよりは
強みを発見するにも「絶対○○な自分はいや!」「絶対▲▲にはなりたくない!」を
明確にしてから、「じゃあ、どうずる?」「じゃあ、何ならできる?」を
対話していくと良いなあと思います。

というわけで、結論は
「自分が欲するロールモデルは、必要・不必要を論じる前に居ない。」
「様々な人の様々なロールパーツを組み合わせて、
     自分のロールモデルをイメージするのは自分」
「ロールモデルがいないということは、
     自分がこの先のキャリアを考えられない理由にはならない」
ということです(*´▽`*)

自分のキャリアのハンドルは自分でしっかり握っていきましょう!


posted by Yukiko at 12:44| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする