2015年09月28日

嬉しい報告

世の中では、福山雅治や千原ジュニアの結婚報告で賑わっておりますが、
今日は弊社にも「結婚報告」をしに
1年半前の出版時にお世話になった編集の方がいらしてくださいました
kekkon.jpg
めでたい!


私の本をつくっている間は、

彼氏なし、恋愛なし、仕事大好き、結婚は<いつか>したい

・・・という典型的都会のタラレバ娘だった彼女でしたが、

おせっかいな私の、本をつくることとは別の
「パートナーと共に、より良い人生を築いていく人生にチャレンジしようぜ\(^o^)/」
的・講義を、いつも、いつも打ち合わせの度に、
本の打ち合わせ以上に?
本が出来てからも、時々、会うたびに続けていた結果

めでたく、1年半で<いつか>が<今!>に、なりました。

他にもここ最近

「入籍しました!」
「結婚しました!」

の報告を受けることが多く、この方たちと
何年も「結婚は<いつか>したい。」と言っている方との違いを検証すると

私の講義(笑)の後の第一声が違うなということが分かりました。

前者は「わかりました!実践してみます!」と答える。
後者は「でも、私も(僕も)●●は、やっているんです〜うにゃうにゃうにゃ・・・」と答える。

うん。
この最初の返答で「やる」か「やらないか」の違いが分かる。

ま、仕事も同じですね。
上司やクライアントからの指示及び指摘に
「でも・・・、」が第一声の場合は要注意。

「でも、自分も頑張っている。」「でも、自分は正しい。」ということを
主張してしまう人は、相手に認めさせたい欲求が出てしまっている。

本来の目的からずれて、自分を認めてほしい欲求が前面に出てしまっている。

自分でしっかり自分を認めることが出来ていれば、あまり他者に対して
「But」を表出することは無い、本来の目的からずれた会話の進行になる確率が減るのではないかな〜。

自己肯定出来ている人は「なるほど、そういう手法、考え方もあるんですね。」と
「はい。わかりました!」と受けとめられる、と推察(私調べ)

自分をいつくしむことが出来る人になることが他人をいつくしむことが出来る。

さて、モチロン結婚はGOALではないので、今日はHAPPYな結婚生活継続の上での
コミュニケーションに関しても、やっぱり「男性脳・女性脳」大事だよね〜という
話で盛り上がりました。

また、定期的に幸せ報告してもらえる関係性を築いていきたいです。


posted by Yukiko at 17:01| ☆男性脳・女性脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする