2015年01月07日

「どうしたい?」「何がやりたい?」と聴くよりは・・・

すっかり仕事モード!
とはいえ、今朝も首都高は空いていたので松の内は、まだお休みの方もいらっしゃるのかな?

さて、今日は、訪問企業様先でのお話です。

女性活躍やらなくちゃ!
   
まず、女性たちに話を聴こう!

というステップでワーキンググループを作り
座談会やワークショップをするまではいいのですが
その先の一歩が踏み出せないというお悩み。

経営陣は「我々のお仕着せでなく、女性の主体性を磨いていきたい」ので
「君たちは何がしたいの?」「どうしたい?」と聴く
女性社員は「何がしたいって言われても、会社は私たちに何を望んでいるの?」と訝しむ。

これ、よくありませんでしょうか?

女性脳的には「どうなりたい」「どうありたい」のビジョンが無い(説明が無い)のに
「やりたいこと」だけ訊かれても、「???」となるばかり。

男性脳的には「目的・目標」を「達成すること」がセットなので、ついつい「目的」を端折って
「行動」のみ見える化・言語化しがちになりますが、
やはり最初のステップは「目的」を明確にすることを意識したほうが良いと思います

「目的」があってからこそ「現状」を共有したり「分析」することに意味があり
現状を認識してから、「目的」に到達するための当面の「目標」を掲げ、
そして「行動」に繋がる。

いきなり「行動」だけ訊かない。

mendan.jpg

「どうしたいの?」と訊く前に、「どうなりたい?」「どうありたい?」を【対話する】こと
その【場づくり】が、上司として一番最初のお志事ではないでしょうか






posted by Yukiko at 14:55| ☆男性脳・女性脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする