2017年06月15日

2017年度健康診断

実は、激しい運動と肝臓の回ではまだ書けなかったのですが、
本日は「乳がん検診」〜「要精密検査」のお話です。

さて、私が今回受けたのは「エコー検査」
この、検査が、まず、長かった・・・。

寝ながらぐりぐりエコー検査です。
左胸を診るときは左腕を上げる。はい。上げてます。
上げてますが・・・腕・・・プルプル

「すみません、もう、お、下していいですかぁ!?」
と言いたくなるくらい長かった。

じっくり何度もカチカチパシャパシャ撮るので
その時点では「え!私、なんかヤバイの?」と気になります。

しかし、その日の先生からのコメントは
例の激しい運動による肝臓の異常値のみの指摘だったので
「ふーん?」と思いつつも、まあ、検査結果が来たら考えよ〜と待っていました。
そして、やってきたのがこちら。

kekka.jpg

なんか10か所もいろいろ書いてある!!

長かった左よりも右のほうが項目多いし!!
しかも「本人は開けずに専門医に渡してね!」という
注意書きのついたぶ厚めの紹介状があるではありませんか。
しかも「緘」の押印をされて封印・・・。

重々しい紹介状、有難いものではありますが、なんと、不安を煽るものでしょう。

さまざまな葛藤を0.3秒巡らせて、
しかし、まず、やらねばならないのは再検査の予約。

「もしも、最新の検査までいくとなると4万円くらいかかるので
 キャッシュで用意しといてください」
と言われ「げぇ。高い!」と思いつつ、そんなお金以外にも、
さまざまな覚悟をし、いざ検査へ。

この間、約1週間でした。
なんか、この1週間はぐりぐりエコーでされた左胸が
なんだかシクシク痛い気がしたり、気のせいか?いやなんとなく・・・
という自己内対話も繰り返していました。

そして、昨日検査してきたわけです・・・・。
今回も最初はエコーでぐりぐり。
その後は、あの、痛いマンモグラフィです。

ん〜。久しぶりでしたが、変わらず痛いよ!

でも撮ったらすぐに先生からよばれ、
結論は「(加齢による)乳腺症だね。」でした。

安堵

先生からは

「いろいろ検査結果に書かれて不安だったでしょ〜。エコーだけだと判断付かないからね〜。今度から一緒にマンモも受けたほうが良いよ!」と言われました。


なるほど。

「マンモって痛いから受けない!どうせ大丈夫だし!」
と考えていた私に下された結果は「要精密検査」で「E」判定の列挙。ひぃ。
さすがの私も様々な逡巡をしてしまった。

そして、そもそも、最初からマンモとエコーをセットで受診しておけば、この悶々とした3週間は無かったのだ。

ただ、往々にして、人はこうしたことをしがちな生き物ではないだろうか。
自分の決断如何で、悩む必要もなかったことに悩むということ
感情ダダ漏れ系の人の場合、それは周りをも巻き込んでいくものになるでしょう。
気をつけねば。。。。

ちなみにマンモとエコーだけだったので再検査は4000円超くらい。
「1/10で済んだってことだ!なんとありがたい!」と感じる一方
「本来は、5月の検診で全て済んでいた…ということを忘れまい。」
「感情面で周りを巻き込みはしなかったけど、検診センターには私が本来不要の紹介状を出させてしまったことになるな・・・。」と反省。

ということで、今回の学び

乳がん検診はマンモとエコー、セットでね

はやく、日立の無痛乳がん診断を皆が受けられる日が来ますように。

女性の身体の変化にはホルモンの影響によるものが多大。
今回の乳腺症も無関係ではないのです。キャリアと身体のことをより知りたい!という方はぜひ分科会Bにご参加ください♪↓↓↓
5周年ロゴ.png
posted by Yukiko at 18:00| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする