2015年09月28日

嬉しい報告

世の中では、福山雅治や千原ジュニアの結婚報告で賑わっておりますが、
今日は弊社にも「結婚報告」をしに
1年半前の出版時にお世話になった編集の方がいらしてくださいました
kekkon.jpg
めでたい!


私の本をつくっている間は、

彼氏なし、恋愛なし、仕事大好き、結婚は<いつか>したい

・・・という典型的都会のタラレバ娘だった彼女でしたが、

おせっかいな私の、本をつくることとは別の
「パートナーと共に、より良い人生を築いていく人生にチャレンジしようぜ\(^o^)/」
的・講義を、いつも、いつも打ち合わせの度に、
本の打ち合わせ以上に?
本が出来てからも、時々、会うたびに続けていた結果

めでたく、1年半で<いつか>が<今!>に、なりました。

他にもここ最近

「入籍しました!」
「結婚しました!」

の報告を受けることが多く、この方たちと
何年も「結婚は<いつか>したい。」と言っている方との違いを検証すると

私の講義(笑)の後の第一声が違うなということが分かりました。

前者は「わかりました!実践してみます!」と答える。
後者は「でも、私も(僕も)●●は、やっているんです〜うにゃうにゃうにゃ・・・」と答える。

うん。
この最初の返答で「やる」か「やらないか」の違いが分かる。

ま、仕事も同じですね。
上司やクライアントからの指示及び指摘に
「でも・・・、」が第一声の場合は要注意。

「でも、自分も頑張っている。」「でも、自分は正しい。」ということを
主張してしまう人は、相手に認めさせたい欲求が出てしまっている。

本来の目的からずれて、自分を認めてほしい欲求が前面に出てしまっている。

自分でしっかり自分を認めることが出来ていれば、あまり他者に対して
「But」を表出することは無い、本来の目的からずれた会話の進行になる確率が減るのではないかな〜。

自己肯定出来ている人は「なるほど、そういう手法、考え方もあるんですね。」と
「はい。わかりました!」と受けとめられる、と推察(私調べ)

自分をいつくしむことが出来る人になることが他人をいつくしむことが出来る。

さて、モチロン結婚はGOALではないので、今日はHAPPYな結婚生活継続の上での
コミュニケーションに関しても、やっぱり「男性脳・女性脳」大事だよね〜という
話で盛り上がりました。

また、定期的に幸せ報告してもらえる関係性を築いていきたいです。


posted by Yukiko at 17:01| ☆男性脳・女性脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

言葉は大事

関東、台風台風の影響台風がまだまだすごいですね。
201509101200-00.png
今朝、息子の通勤路線の、とある区間が路線陥没により
「電車に乗れない」とメールが入りました。
電車は不定期に走ってはいるけれど、どこ行きの電車かよくわからない状態で
ホームに人があふれているとのこと。

発達障害がある人にとって、不測の事態への対応は
中々高いハードルです。

「いつ動くのか、わからない。」

という状態は、障害の有無を問わず誰にでも多少「不安」という
ストレスはかかることだと思いますが
過去経験・情報・知識への脳内アクセスに障害がなければ、
起こった事象に対し解決策が瞬時に出る健常者とは違い、
アクセスに時間がかかる、アクセス先が迷子になるタイプの
障害がある場合、不測の事態はパニックにもつながります。

ウチの息子はハンディがあるのに、どうして
自分でふんばって対応できるように育ったかなあ〜?
とつらつら考えてみましたが、

不測の事態が起こった時にやることをシンプルに明確にしておいた。
@会社に連絡する
A自宅に連絡する
不安なことが起きても
「何が起きても、この2つさえやればいい」
と伝えてあるから、きっと安心できているのだなと思います。

会社に連絡した後、私に連絡(主にメール)があるので、
私は、会社の返答を見ながら次のアクションを伝えることができます。

私「まずは、遅延証明書をもらうこと(このメール駅員さんに見せて紙をもらって)」
 「会社には報告してあるから、安全第一の出勤でいいよ」
息子「10時ころ運転再開だって」
私「そうなんだ!あと2時間くらいあるね。その旨、会社に報告してね」
息子「今日は休んでいいそうです。その代り●日も出勤します」
私「そうか。よかったね!」
息子「家着きました」

とりあえず、振り返ってみて、私は、やはり、否定語を使わずに会話してるな〜〜〜ってことにも気づきました。

「無理して電車に乗らないように」
「会社の人に心配かけないようにね」

ってことは、思うのですが、これを言葉にすると
混乱したホームでぎゅうぎゅうになりながらも乗り込むイメージが脳内に広がります。
会社の人が心配している顔も一瞬イメージしちゃいます。

言葉通りに脳は反応(イメージ)する。
イメージしたとおりに意味づけをし、行動する。

不測の事態そのものは「不快」なので、ありのままだったら「不快」な記憶が積み重なる。
しかし、不測の事態への対応で「出来たこと」を「出来た」「よかった」と認識することは
「快」であり「快」の記憶が積み重なると、
次の不測の事態に対しても不安が先に来ることは無いんだろうなと思います。

いつも研修で、「自分との約束を守る自分を積み重ねて自分を信頼する自分を作る=自信をつけてほしい」
と伝えています。

ウチの息子の事例は
世間一般、他者にとっては「そんなこと、すごくも何ともない当たり前のこと」なのですが
自分にとっては、「出来にくいことが出来た経験=ありがたい=すごい!」
と都度都度、本人にそう認識してもらえるよう務めて働きかけてたな〜と感じます。

言葉は本当に大事で、そこから何をイメージし、何を積み重ねるかが
どんなライフスタイルを形成するかの鍵だな。。。と感じ入った朝でございました。

さて、今、大阪に向かっていますが、名古屋はピーカン!晴れ
でも、向かってる大阪は雷雨雷雨マーク。。。
縦断してるなあ〜と実感中。
引き続き、まだまだ荒れた天候の地域もあると思います。
これ以上の被害等が出ませんようにお祈りいたします。
posted by Yukiko at 12:48| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

スポーツの秋?藝術の秋!

涼しくなったり、残暑が厳しかったり
体力の消耗が気になる季節ですね!

不肖、竹之内幸子、糖質マネジメントでぴかぴか(新しい)健康ぴかぴか(新しい)は自信がありますが、
かわいい体力かわいいに関しては、まったくの弱みでしかないという事実・・・。
しかし、こちらも、そろそろ、本気でメンテナンスもしないといけない(-"-)

・・・ということで、スポーツの秋→と言われてもモチベーションが上がらない私は
藝術の秋を兼ねるひらめき・・・とモチベーションもグッド(上向き矢印)いうことで、

いよいよもって

K−BALLETGATEに入会することにしました!
KBG2.jpg
もちろんビギナーズクラス全13回。
入会金、レッスン料一括前払いで自分のコミットを強化

苦手なことに主体的にチャレンジするにはぶら下げるニンジンが自分にとって魅力的でないと進められないもんね〜。
KBG.jpg

毎回、ウエスティンに寄って、ご褒美低糖質スィーツしちゃったりしてぇぇぇ。
CGZFz2bUYAAXfk2.jpg
posted by Yukiko at 17:50| ☆ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする