2015年08月26日

気持ちがゆるさないって言ってる!!by麗禾ちゃん

まさか、愛すべき成田屋のブログから男女脳の話が書けるとは・・・

麗禾ちゃんと勸玄くん、姉弟の「やりとり」に
男性脳・女性脳の違いを見ました。
まあ、読んでください。↓
http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-12065383765.html

読みました?
勸玄くんの足が麗禾ちゃんの首にあたってしまったときのやりとりで
私が一番響いたのは、海老蔵さんのツボと同様

「れいかの気持ちがまだ許さないって言ってるexclamation×2

ここです。

「ごめんなさいって言ってもヤダ!」
「まだ、気持ちが許さないって言ってる!!」

このように、しっかり自分の声(気持ち)を聴けて、認識できている麗禾ちゃん、いいわ〜!
長じて自己内対話がしっかりできるマチュアな女性になれる期待大ですな。


対してかんかん。


「ゆるしたぁ?」


のんきな感じがいいですね。
ここでの「許す」「許さない」は、
麗禾ちゃんは「許すための気持ち」が大事なのに対し
勸玄くんは「許す行動」したか、しないかが大事のように受け取れました。

やはり家庭内でダイバーシティの発見はおもしろい。

cf4c050f910be1c605d2f767a672ec05_400x400.jpeg

みなさんの身近な環境でも、こんな発見ありませんか?




posted by Yukiko at 12:25| ☆男性脳・女性脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

多様な価値観の中で「結論から話せ」でOKなのか?

最近、タイトルのようなことを思います。

いや、研修ではたしかに、プレゼンでは
まず結論(Point)を述べて、
次に理由(Reason)を説明し、
具体的な例(Example)を出した後、
最後にまとめ(Point)を述べる「PREP法」をお伝えしていますが

プレゼンとまではいかない日常のコミュニケーション、
多様な価値観が溢れているこのご時世で
いきなりまず結論というのも
中々誤解を生んでいるのではないかな〜〜〜と思うことが、しばしば。

例えば、
「糖質マネジメントをお勧めする」というPoint<結論>については
「確実に痩せたい!」という欲求がある人に対して有効なもの。
「美味しい食生活を楽しみたい!」という欲求のほうが高い人には
次に「なぜならば、実はインスリンが体重増加の直接要因 です。
インスリンを大量分泌させるのは糖質のみなので、糖質の摂り過ぎをやめれば
体重は減っていくからです。」
等、理由を続けて言っても、
「でも、白米って美味しいんだよね〜という、些かトンチンカンな返事が返ってきてしまう。
「うん。白米は美味しいと思う。・・・ってあれ?そもそも、何の話だっけ?」


ぴかぴか(新しい)いきなり、結論から言うのではなく、
  目的や前提条件をしっかり確認することぴかぴか(新しい)


多様性を受容した状態の中のコミュニケーションをより良いものにするには
まず、言葉を尽くすことがとても大事なのだと実感しております。

iStock_000011982450XSmall.jpg
posted by Yukiko at 15:21| ☆ダイバーシティ・女性活躍推進 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする